芦屋基地航空祭2018の日程・駐車場について アクセスやツアーについても紹介!

シェアする

福岡県の芦屋基地で例年秋に行われているのが『芦屋基地航空祭』。

2017年度の開催がずれ込んだことで、なんと2018年は2月と10月の年2回にわたって開催されるんです!

今回は2018年10月に開催される芦屋基地航空祭の日程駐車場、アクセス方法などについて紹介します。

スポンサーリンク

芦屋基地航空祭とは?

航空機
出典;http://jinkeri.hatenablog.com

福岡県遠賀郡にあるのが芦屋基地で毎年秋に開催されているイベントが芦屋基地航空祭になります。

こちらの航空祭では例年航空ショーなどが行われており、世界トップクラスのアクロバット飛行を披露するブルーインパルなどもやってくることから例年たくさんの来場者が訪れるイベントなっています。

航空ショーの他には、実際に日頃から自衛隊が使用している装備などが地上展示で見ることもできます。

さらに航空学生による行動パフォーマンスも披露される芦屋基地航空祭では、大人から子供まで飽きることなく楽しめるイベントとなっています。

芦屋基地航空祭2018の日程・スケジュール

例年は10月もしくは11月に開催されている芦屋基地航空祭ですが、2017年度は時期がずれて2018年の2月に開催されていました。

ということで2018年度は年二回に渡って開催されることとなっています。

2018年度の詳細を見ていきましょう。

開催日 2018年10月14日(日)
時間 8:00〜15:00
会場 航空自衛隊芦屋基地
会場・住所 〒807-0133 福岡県遠賀郡芦屋町大字芦屋1455-1
地図
問い合わせ 芦屋基地渉外室広報班 
TEL:093-223-0981

芦屋基地航空祭の会場時間は8:50からで入場無料となっています。

航空祭には例年4万〜5万人の人が訪れるイベントなっていますので、かなりの人ごみになるのは確実だと思われます。

芦屋基地航空祭2018のプログラム

航空祭当日の会場は下記のようになっており、プログラムについてはこのように行われてる予定となっています。

飛行展示
時間 飛行展示内容
7:20 ~ 海自T-5×1(着陸)
9:00~9:32 T-4(オープニング) 2機
9:35~10:00 T-4(訓練飛行) 4機
10:05~10:15 T-7 4機
10:20~10:35 F-2 1機
10:40~11:00 T-4(イルミネーションフライト) 7機
11:05~11:20 F-15 2機
11:25~11:40 F-16(米空軍) 1機
13:25〜13:50 ブルーインパルスウォークダウン
13:50~14:30 ブルーインパルス展示飛行 6機
14:30〜14:50 ブルーインパルスウォークバック
15:20~ 海自T-5 1機 (離陸)
15:25~ T-400 1機 (離陸)
15:30~ C-130H 1機 (離陸)
15:35~ T-7 1機 (離陸)

航空祭で大人気のブルーインパルスの飛行展示は13:25から行われる予定となっていますので、お見逃しなく!

地上展示・アトラクション
時間 地上展示内容
8:50〜12:55 ブルーインパルス地上展示 (見学用通路設置)
8:50〜15:00 航空機地上展示、施設器材体験搭乗・売店
※9:35〜9:40 T-4 記念塗装機ランプイン展示
※9:40〜15:00 レッドドルフィンパイロットとのふれあいコーナー
8:50〜13:30 C-130キャビン展示
8:50〜15:00 救難関連装備品の地上展示
※救難関連装備品、航空機装備品、T-4コクピット公開
8:50〜15:00 ペトリオット地上展示
8:50〜13:00 軽装甲車展示・花自動車体験搭乗
8:50〜15:00 施設器材体験搭乗
10:00〜11:30 軽音楽部演奏
11:40〜12:00
13:00〜13:20
警備犬訓練展示
12:00〜12:30 西部航空音楽隊演奏
13:00〜13:20 太鼓演奏

当日のプログラムを図で確認されたい方はこちら。

スポンサーリンク

芦屋基地航空祭2018の駐車場・シャトルバスについて

芦屋基地航空祭では以下の3つの場所が臨時駐車場(有料)として用意されています。

【赤☆】芦屋基地
【青】芦屋海浜公園
【緑】ボートレース芦屋
【黄色】遠賀川魚道公園

日本各地で行われる航空祭は毎回どこも混雑が起こってしまいますし、特に車で行かれた方は早朝から長蛇の列ができてしまうもの…。

芦屋基地航空祭は比較的渋滞は発生しにくいのですが、それでも早めの行動を心がけた方が安心です!

10時ごろになってしまうと用意された駐車場が満車になってしまうこともありますので、できれば朝の7時ごろまでには駐車場に到着するといいですね。

「akippa」をご存知ですか?

みささんはお祭りなどの混雑するイベントなどに行かれた際に、駐車場探しに困ったことはありませんか?

akippaは全国4000箇所以上の駐車場を事前に予約することができるシェアリングサービスになります。

簡単に駐車場を検索することができる「akippa」は下記からどうぞ!

>>akippaで駐車場を検索

シャトルバスについて

臨時駐車場から会場まで歩いて向かうには少し距離がありますので、シャトルバスを利用して会場に向かうことができます。

シャトルバスの料金・時刻表について
【料金】
大人:260円
子供:130円

【時刻表】
遠賀川駅 ⇒ 芦屋基地
始発 / 7:30
最終 / 13:45 15分おきに運行
芦屋基地 ⇒ 遠賀川駅
始発 / 8:30
最終 / 16:00 15分おきに運行

2018年2月に開催された航空祭では芦屋港湾地区からのシャトルバスの運行はされておらず、JR遠賀川駅からの運行のみとなっていますので注意してくださいね。

芦屋海浜公園からは徒歩約15分で芦屋基地に向かうことができます。

スポンサーリンク

芦屋基地航空祭 見どころ4選!

さまざまなイベントが開催される芦屋基地航空祭。

ここでは芦屋基地航空祭の中で「これは見逃せない!」という4つの見どころについて紹介します!

その① ブルーインパルス

芦屋基地航空祭で絶対に見逃すことのできない見どころが「ブルーインパルス」の飛行展示になります。

このブルーインパルスとは日本各地で行われる航空祭や国民的イベントなどの登場し、航空機で高度なアクロバット飛行を披露する特別なチームになります。

航空ショーが好きな方はご存知かと思われるのですが、最近では航空ショーをあまりご存知ない方も一度は聞いたことがあるほど知名度が高くなっています。

高度なアクロバット飛行に加え、空のキャンバスに機体のスモークで描かれるアートはまさに必見ポイント。

ブルーインパルスの展示飛行は13:50~14:50までの予定なっていますのでお見逃しなく!

その② ペトリオット


出典;https://www.youtube.com

航空祭では飛行展示に注目が集まりがちですが、地上展示でもたくさんの見どころがあります。

その一つとして注目したいのが、地上からミサイルを迎撃することのできる「ペイトリオット」が人気となっています。

テレビなどで見ることはありますが、実際に間近で見る本物はかなりの迫力。

さらに航空祭などでもなかなか見るチャンスは少ないので、その迫力を自分の目で見られることをオススメします。

ペトリオットの地上展示は8:50〜15:00の時間で行われる予定となっています。

その③ ファンシードリル

出典;https://www.youtube.com

最後に紹介するのが航空学生によって披露される「ファンシードリル」になります。

こちらは航空学生が披露する行進(集団行動)になり、見事なまでに統率のとれた演技を披露してくれます。

狭い範囲の中で行われる行進などは素人がやるとすぐにぶつかりそうなものですが、そこはかなりの訓練がされているのでしょう。

びっくりするほど完成度の高い演技を披露してくれます!

ファンシードリルが行われる時間は、12:00~13:00の間で行われる予定となっています。

その④ 予行演習

『芦屋基地航空祭当日にどうしても行くことができない!』という方にオススメしたいのが予行演習。

航空祭ではたくさんの航空機が登場してくるのですが、この予行演習とはいわば航空機のリハーサルとなり、航空祭当日とほぼ同じような飛行を見ることができます。

ちなみに以前行われた前日の予行演習はこのように行われていました。

芦屋基地航空祭 前日予行演習
午前9時05分~午前9時30分 T-4(天候偵察)
午前9時35分~午前10時05分 U-125A、UH-60J
午前9時36分~午前10時06分 T-4
午前10時10分~午前10時35分 T-4
午前10時50分~午前11時10分 U-125A、UH-60J
午前11時15分~午前11時35分 アメリカ空軍F-16
午後1時~午後1時40分 ブルーインパルス
午後2時15分 U-4(着陸)

毎年前日に行われることが多くなっていることから、今回も前日に予行演習が行われる可能性が高いと思われます。

予行演習では芦屋基地内に入ることができませんが、基地周辺からでも十分予行演習を見ることができますので、航空祭当日に行けれないという方は前日の予行演習を見に行かれるのもオススメです!

スポンサーリンク

芦屋基地航空祭へのアクセス方法

ここでは電車・車でのアクセス方法について紹介します。

電車でのアクセス

芦屋基地航空祭へ電車で行かれる際の最寄駅はJR鹿児島線「遠賀川駅」(おんががわえき)になります。

遠賀川駅からのそれぞれのアクセスは以下のようになります。

シャトルバス利用 約30分
※15分間隔で運行
徒歩 約1時間20分
タクシー 約20分

こちらについてはあくまでも目安となり、航空祭当日の混雑によっても変わってきます。

徒歩で現地に向かうこともできるのですが1時間以上も歩くことになりますので一番のオススメ方法としてはシャトルバスになります。

もちろんタクシーを利用して会場に向かうこともできますが、当日はなかなかタクシーも捕まりにくいですし混雑に巻き込まれる可能性もあります。

車でのアクセス

ここでは芦屋基地航空祭の会場となる芦屋基地とそれぞれの臨時駐車場へのアクセス方法については紹介します。

まず芦屋基地航空祭へ車で行く際の最寄ICは九州自動車道「鞍手IC」になります。

会場とそれぞれの臨時駐車場までのアクセス方法はこのようになります。

芦屋海浜公園

ボートレース芦屋

遠賀川魚道公園

スポンサーリンク

芦屋基地航空祭2018のツアー

芦屋基地航空祭へはツアーを利用して航空祭に参加することもできるようになっています。

車などで航空祭へ向かうと混雑に巻き込まれてしまいますので、混雑を避けたいという方はご利用されるといいかと思われます。

バスツアー

芦屋基地航空祭2018のおすすめバスツアーを3つ紹介します。

ツアー会社:読売旅行
料金:5900円〜9900円
ツアー内容:沖縄を除く九州7県各所から発着 日帰り 昼食1回付
予約などの詳細についてはこちら。
読売旅行公式サイト

ツアー会社:第一観光
料金:6980円〜8980円
※食事なし(自由食)
※子供(小学生):大人と同料金
※幼児(3歳~未就学):@5,000円(座席あり、食事なし)
日程:2018年10月14日(日)
ツアー内容:出発地多数の日帰りバスツアー。食事なし(自由食)
予約などの詳細についてはこちら。
第一観光公式サイト

ツアー会社:ポケカル九州
旅行代金:5500円~
ツアー内容:博多駅が発着点の日帰り ※シャトルバスの料金も必要となります。
予約などの詳細についてはこちら。
ポケカル九州公式サイト

フェリーツアー

関西方面からはフェリーツアーを利用して芦屋航空祭へ行くこともできます。

こちらの2つがおすすめのフェリーツアーとなります。

ツアー会社:読売旅行
旅行代金:17980円
ツアー内容:大阪南港発着のフェリーツアー
食事条件:朝食0回 ・ 昼食0回 ・ 夕食0回
予約などの詳細についてはこちら。
読売旅行公式サイト

ツアー会社:神戸新聞旅行社
旅行代金: 12980円〜27480円
ツアー内容:出発地:神戸港「六甲アイランド」発着のフェリーツアー
食事条件:朝食0回 ・ 昼食0回 ・ 夕食0回
予約などの詳細についてはこちら。
神戸新聞旅行社

芦屋基地航空祭の混雑状況

日本全国で行われている航空祭はかなり人気のイベントということもあり、どこもかなりの混雑起こります。

過去の芦屋基地航空祭の航空祭も他の航空祭と同じようにかなりの混雑が起こっています。

2018年も同じようにかなりの混雑が発生すると思いますので、行かれる方は事前の準備と早めの行動を心がけることをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

今回は芦屋基地航空祭航空祭について紹介させていただきました。

芦屋基地航空祭当日が本当に待ち遠しい限りですね!

航空祭当日は真っ青な青空が広がることを願って開催当日を待ちましょう♪

芦屋基地航空祭2018の日程・駐車場について アクセスやツアーについても紹介!
この記事をお届けした
raxa informationの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。