【衝撃】ダウンジャケットの正しい着こなしをあなたは知っていますか?その内容が衝撃なものに!!

シェアする

冬場に大活躍をみせるダウンジャケットですが、ほとんどの人が間違った着こなし方をしていることが明らかになっています!

今回はダウンジャケットを一番暖かく着こなす方法を紹介します。

本当の着方が衝撃的なものになっています!

スポンサーリンク

ダウンジャケットの正しい着方

これから本格的な冬が訪れると大活躍してくれるが『ダウンジャケット』

みなさんはダウンジャケットの中はどのような服を着ていますか?

やはり寒い冬は何枚も重ね着をした上にダウンジャケットを着てしまいますよね。

しかし、そのような着方をされている人はかなり要注意でダウンジャケットの本来の力が発揮できないそうです!

ダウンジャケットが一番効果を発揮する着方というのは、汗を素早く吸収・発散し、快適な状態を保つインナーのすぐ上に着るのが一番効果的な方法だそうです!

なので、現在でしたらユニクロのヒートテックなどが良いかもしれないですね。

出典:コネクションズ(ConeXions)

もちろんダウンジャケットもファッションの一部になりますから、どんな格好で着てもいいと思いますが、いざというときはこれが一番の方法になります。

ダウンジャケットに入っているダウンは鳥の羽が使われおり、着ている人の体温によって温められ、それによって羽が膨らむようになります。

出典:お布団コンシェルジュ

羽が膨らんだことで、暖かい空気が動かなくなりそれが遮断層の役割するのでダウンジャケットは寒いとき効果を発揮するわけです。

なのでダウンジャケットの機能を最大限に生かそうとすると、素肌に直接着るの一番効果的な方法と言われています!

まさか素肌に着るのが一番暖かいとは・・・衝撃的な内容でしたねw

さすがに素肌に直接着てしまうのは脱いだ時に捕まってしまうので、これは本当に究極な時だけにしないといけないですねw

ダウンジャケットの常識

出典:SAKIDORI

防寒着として年齢問わず様々な人に使われているダウンジャケットですが、それでもまだまだその常識を知らないことが多いと思います。

そんな方のためにダウンジャケットの常識を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

雪の日は着ない

雪の日はとても寒いので無意識にダウンジャケットを着ることが多いですよね。

しかし雪の日にダウンジャケットを着るなら注意しないといけないことがあります!

なんだと思われますか・・・?

それは、絶対に濡らしてはいけないという点です!

雨の日は濡れないようにアウトドア用のレインコートを着ると思いますが、レインコートには防水機能が備わっているものが多くあります。

しかしダウンジャケットには防水効果が付いていないものが多いので、雪の日にダウンジャケット着る際には、防水効果があるダウンジャケットを着るようにして中のダウンが濡れないように注意しましょう。

ダウンは水に濡れるとしぼんでしまい、暖かい空気を貯めることができず断熱性がなくなってしまい、そうなると逆効果で返って寒くなるので、ダウンを着ている意味がなくなってしまいます。

なので雪の日にダウンジャケットを着る際は、絶対に濡らさないようにしましょう!

綺麗にたたんでしまわなくてもOK

出典:YouTube

冬の寒い時期が終わるとダウンジャケットの出番もなくなってしまいます。

そうなると次に使う時まで綺麗にたたんで収納すると思うのですが、その際たたんで収納することをあまりオススメしません。

なぜかというと、きちんとたたんでしまうと同じ部分にシワができてしまい、そこの部分が断熱性能が落ちてしまうからです。

正しい収納の仕方は、収納袋に軽くまとめて詰め込んで収納するのが正しいダウンジャケットの収納方法になります。

ぐちゃぐちゃに収納してしまうと、シワが気になってしまう方がいると思いますが、いいダウンの場合だとすぐに膨らんで復活するのでそちらは安心していただいて大丈夫です。

意外とダウンジャケットの正しい使い方を知らないことが多かったですね!

本格的な冬を乗りきるために正しくダウンジャケットを着こなし、寒い冬を暖かく過ごしていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

【必見】体重が減ったからダイエットが成功したと思っているあなた!これを読んでもそう思いますか?

【必見】正しい休息の取り方を紹介。今までに考えていた休みの取り方が変わってくる!?

【衝撃】ダウンジャケットの正しい着こなしをあなたは知っていますか?その内容が衝撃なものに!!
この記事をお届けした
raxa informationの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする