船戸優里 虐待に気づくも見て見ぬ振り!?結愛ちゃんを救うことはできなかったのか?

シェアする

東京・目黒区で、5歳の結愛ちゃんが虐待死した事件で、母親の船戸優里容疑者が虐待を「見て見ぬふりをしていた」という衝撃の事実が判明しています!

今回の事件、結愛ちゃんを救うことは出来なかったのでしょうか?

事件を時系列で振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

事件概要

東京・目黒区で、5歳の女の子が虐待死し両親が逮捕された事件で、母親が逮捕前、「見て見ぬふりをした」などと話していたことがわかった。

船戸雄大容疑者(33)と妻の優里容疑者(25)は、2018年1月下旬から3月にかけて、娘の結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)に繰り返し暴行したほか、十分な食事を与えないなどして死亡させた疑いが持たれている。

出典:FNN

報道の内容からすると、逮捕されていた優里容疑者は結愛ちゃんが虐待を受けていたことを知っていたと思われますね。

それなのにも関わらず、我が子を助けるどころか見て見ぬふりをしていたのには驚きですね。

ちなみに、優里容疑者の実家近所の人の話によると

 

「『報道しているのは全く全部が本当ではないので。全部真に受けないでください』と言ってた」、「とにかく亡くなった子はかわいそう。何かを訴えたかったと思う」

出典:FNN

と話していたそうなのですが、この発言は自分を庇う為のものだったと思われます。

結愛ちゃんは父親から虐待を受けていた際、優里容疑者に助けを求めていたのでしょうか?

たとえ口に出して助けを求めていなかったとしても、必ず母親に助けを求めていたはずです。

さらに亡くなる前の結愛ちゃんは両親に向けた謝罪の言葉をメモにしていたと言われており、そのことがネットで話題になっています。
船戸優里 顔画像とFacebookは?結愛ちゃんが書いた両親へ謝罪のメモのがこちら

このようなことを想像してしまうと、いたたまれない気持ちになってしまいますね…。

スポンサーリンク

虐待を見て見ぬフリをした理由は?

結愛ちゃんが父親から虐待を受けていたのにも関わらず、その姿を見て見ぬふりをしていた優里容疑者ですが、その理由について

「自分の立場が危うくなるのを恐れ、夫に従い見て見ぬふりをした」

出典:FNN

と話していました。

確かに、夫に逆らってしまうと同じように暴力を受けてしまっていたのかもしれません。

それでも、可愛い我が子が虐待をされていたなら止めに入るのが普通なことではないでしょうか。

それに、夫からの暴力を避けるために子供を連れて逃げることもできます。

可愛い我が子が父親から虐待を受けないようにするための方法はいくらでもあったように思います。

しかし、その行動に移っていなかったことを考えると、やはり結愛ちゃんに対しての愛情はなかったということなのでしょうか…。

夫婦関係は?

出典:我理論

逮捕されていた雄大容疑者と優里容疑者の夫婦関係はどのような感じだったのでしょうか?

今回優里容疑者が話している内容からすると、二人の夫婦関係は夫の雄大容疑者が家庭では絶対的権力を持っていたと思われますね。

そうでなければ優里容疑者が語っていた「自分の立場が合わなくなる」という発言は出てこないのでしょう。

しかし、優里容疑者の両親からは「母親は結愛のことを大事にしていたし、結愛も母親が大好きやった」とコメントがされていたとの情報が上がっています。

この情報が確かなのであれば、優里容疑者は雄大容疑者と再婚するまでは結愛ちゃんのことを大事にしていたということになります。

となると、再婚しことがきっかけで結愛ちゃんへの虐待が雄大容疑者によって始まり、自分の立場が危うくなるからという理由でそのまま放置してしまったということだったのでしょうか。

スポンサーリンク

救える命だったのでは…

出典:FNN

結愛ちゃんが亡くなるまでの時系列を改めて振り返ってみましょう。

事件の時系列

2016年4月、船戸 雄大(ふなとゆうだい)と結愛ちゃんの母親は結婚し、船戸 雄大は結愛ちゃんの義父となる。

2016年9月、結愛ちゃんが(当時3歳)大声で泣いているのが目撃されており、この時点で既に暴力が始まっていたされる。

2016年12月、虐待を受けたとして結愛ちゃんが児童相談所に一時保護される。

2017年2月、義父の雄大容疑者が傷害の疑いで書類送検されるも不起訴処分となる。

2017年3月、不起訴処分になってから僅か1か月後にも関わらず、またしても虐待を受け、児童相談所に一時保護される。

2014年4月、結愛ちゃんが幼稚園に入園していたのだが、「施設がいい」「家に帰りたくない」と訴えていたとの情報が。さらにベランダで血を流しているのを何度か目撃されていた。

2017年5月、義父の雄大容疑者は、傷害の疑いで書類送検されたが2回目の不起訴処分とされていた。

2017年8月末、病院から「こめかみ付近と太ももにあざがある」と児相に通報があり、結愛ちゃんは「パパに蹴られた」と訴えていた。

しかし、県はこれを危険性は低いとしてこれを一蹴し、一時保護の必要はないと判断した。

2017年12月末、船戸一家は、香川県善通寺市から東京都目黒区に引っ越す。

2018年2月9日、香川県の児童館から虐待の可能性があると知らされていたことから、東京都の児童相談所は家庭訪問をしていた。

その際、玄関先で優里容疑者が応対したが、雄大容疑者や結愛ちゃんの様子は確認できず、そのまま引き上げた。

2018年1月 – 2月、義父は、結愛ちゃんに連日、毎朝4時に起きさせ、ノートに平仮名の練習や反省文を書かせることを強要していたとされる。

この時のノートには、「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」などと書かれていた。
※結愛ちゃんが実際に書いていたメモについてはこちら
船戸優里 顔画像とFacebookは?結愛ちゃんが書いた両親へ謝罪のメモのがこちら

2018年3月2日午後、結愛ちゃんが5歳で亡くなる。

義父は、拳で殴る、蹴る、冷水のシャワーを浴びせるなど虐待をしたとされており、結愛ちゃんの遺体にあった複数のあざからこれが読み取れる。

こちらが起こっていた事件の時系列になります。

改めて振り返ってみると、結愛ちゃんの救うチャンスは幾度となくあったように思います。

逮捕された優里容疑者が話していた様子からすると、なかなか妻自らが虐待を告白することは難しそうですが、それでも虐待の疑いがあるとして児童相談所が家庭訪問までしていました。

それ以外にも虐待と取れる出来事が幾度となく起こっていたことを思うと、しっかりとした対応ができていれば結愛ちゃんを救うことも出来ていたのかもしれませんね…。

スポンサーリンク

ネットの反応

たくさんの悲しみの声や怒りの声などがネットに上がっていましたね。

今回のケースでいうと、虐待を思わせる出来事は何度か起こっていたのですが、それなのにも関わらず最終的には命を落とす結果となってしまいました。

最近ではニュースなどでも虐待の報道がされることがあり、こういった虐待を受けてしまう子供がいることは事実です。

そのようなことを思うと、我が子や他人の子という考えを無くし、みんなで子供のちょっとした異変に気づけるような社会を作っていくことが必要なのかもしれませんね。

今回のように虐待をわかっていても助けれなかったケースもあります。

となると、社会全体が子供を守るという意識を持ってしないと、虐待などはなくならないのではないでしょうか。

今回と同じような事件が今度起こらないことを願いたいものですね…。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

船戸優里 顔画像とFacebookは?結愛ちゃんが書いた両親へ謝罪のメモのがこちら
2018年3月に東京・目黒区のアパートで、5歳の船戸結愛ちゃんが虐待され死亡した事件で、新たに母親の船戸優里容疑者(25)が逮捕されています...
船戸雄大容疑者の顔画像や性格は?さらに事件現場も特定!娘を殴り死亡させたとして父親を逮捕
東京都目黒区で、5歳の長女を暴行し怪我をさせたとして父親の船戸雄大容疑者が逮捕される事件が起こっています。 しかし、近所では『いい父親...
船戸雄大容疑者の妻は?日常的に虐待をしていた!?過去に二度児童相談所に保護されていたことも・・・
追記:2018年6月6日 東京・目黒区のアパートで5歳の娘に暴行を加えて事件で、船戸雄大容疑者は以前から日常的に虐待が続いていた可能性...
船戸優里 虐待に気づくも見て見ぬ振り!?結愛ちゃんを救うことはできなかったのか?
この記事をお届けした
raxa informationの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする