桂歌丸さんの若い頃のイケメン姿がやばい! 妻・冨士子夫人と馴れ初めは?

シェアする

人気テレビ「笑点」の司会などを勤められていた落語家・桂歌丸さんが2018年7月2日お亡くなりになっています。

歌丸さんといえばとても優しいイメージを想像していますのですが、若い頃の画像を見るとそこには全く違ったイケメン姿が!!!

今回は歌丸さんの若い頃のイケメン姿妻・冨士子夫人との馴れ初めについて紹介します。

スポンサーリンク

桂歌丸さんが死去

人気落語家の桂歌丸さんが2018年7月2日に横浜市内の病院で亡くなられました。

@pinkthepeanutsがシェアした投稿

人気落語家・桂歌丸さんが2日に亡くなった。81歳だった。

桂歌丸さんが会長を務めていた落語芸術協会では、2日午後5時ごろ、協会の関係者が、歌丸さんの訃報を伝える文書を報道各社に配布するなど、あわただしく対応に追われていた。

歌丸さんの葬儀は、喪主を妻の椎名 冨士子さんが務め、近親者のみで執り行われるという。
また、11日には、落語芸術協会などによる合同のお別れ会が予定されている。
協会では、2日は記者会見の予定はなく、3日午前11時から、会長代行を務める三遊亭小遊三さんらが出席して記者会見を行う予定。

長年、苦楽を共にしてきた小遊三さんの口から、直接思いが語られることになるとみられる。
出典;スポニチ

歌丸さんといえば、人気テレビ『笑点』5代目司会を長くにわたって勤められた人でもありますよね。

そんな方の訃報ということもあって、ネットでは年齢問わず多くの方から驚きの声が上がっています。

個人的に落語のことはあまり詳しくないのですが、それでも幼いならが笑点だけは楽しく笑って見ていた記憶があります。

笑点での歌丸さんを思い出すと、喋りに対して大人や子供を問わず笑わせる力があったのではないでしょうか。

そんな歌丸さんの死因についてはこのように報道されていました。

日本テレビの演芸番組「笑点」のレギュラーを長く務め、軽妙な語り口で親しまれた落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分横浜市内の病院で死去した。81歳。横浜市出身。死因は慢性閉塞性肺疾患。この日、落語芸術協会が発表した。

近年は骨折や肺炎、腸閉塞などで入院、手術を繰り返していた。
出典;スポニチ

確かに近年では、体調が悪そうな姿を目にすることがあったのですが、このような方が無くなってしまうのはとても残念なことですし、寂しくもなってしまいますね…。

スポンサーリンク

桂歌丸さんプロフィール

HYPEBEAST JAPANさん(@hypebeastjp)がシェアした投稿

【名前】:桂歌丸(かつらうたまる)

【本名】:椎名巌(しいな いわお)

【出身】:神奈川県横浜市

【生年月日】:1936年8月14日

【年齢】:81歳

【血液型】:A型

【活動期間】:1951年~2018年

【出身高校】:横浜市立横浜商業高等学校定時制(中退)

落語家とした活躍されていた歌丸さんですが、なんと小学校4年生の時には落語家になると決意していたと言われています。

落語家としてスタートした初めの名前は「古今亭今児」という名前を名乗っていたそうです。

この時は中学3年生で5代目古今亭今輔さんに入門していました。

そんな歌丸さんですが、現在の「桂歌丸」という名前にしたのは1964年からになっています。

その2年後の1966年に、今は当たり前のイメージになっている「笑点」のメンバーになっていました。

笑点の大喜利メンバーとしてたくさんの人から愛されていた歌丸さんは、2006年5月ついに笑点の司会へ就任されていました。

個人的には歌丸さんと円楽さんのいじり合いが好きだったので、このいじりが見られなくなってしまうと残念に思っていたのですが、そこは心配ご無用!

司会という立場になっても見事に皆をいじっていましたねw

それから10年が経過した2016年に、体力の限界を理由に笑点の司会を引退されていました。

歌丸さんのラスト大喜利はとても印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

この動画を見ていると、改めて人を喜ばせることに長けていた人だということがわかりますね。

スポンサーリンク

若い頃のイケメンぶりがやばい!

落語や笑点での歌丸さんの姿を知っている方はとても優しそうなイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか?

私もその中の一人なのですが、今回亡くなられたことをきっかけに歌丸さんの若い頃のことが気になるようになりました。

そこで実際に調べて見たのですが、なんと今の雰囲気とは違った若い頃の歌丸さんの姿があったのでした!!!

口で説明するより実際に見ていただいた方がいいと思われますので、とりあえず歌丸さんの若い頃の画像をご覧ください。

な、なんとも渋い姿ですよね!

一見別人かと思うほどなのですが、胸元になる名札にはしっかり「桂 歌丸」と書いてありますので、間違いないでしょう。

まるで、ビートたけしさんの映画「アウトレイジ」でも出てきそうなお顔立ちをされており、今の歌丸さんとは全く違く雰囲気を醸し出していますよね。

ちなみに、他の若い頃の画像がありました。


出典; ラズのトレンド発信ブログ – Seesaa

こちらの画像は、どちらかといえばみなさんが知っている歌丸さんという感じですよね。

歳を取れば優しい顔になるというのですが、まさにそのような感じになっています。

ちなみに、長年の歌丸さんファンからすると、歳を取ってもあまり変わらなかったことは有名なことだったそうですね。

そんな歌丸さんは、椎名冨士子さんという方と結婚されています。

スポンサーリンク

妻・冨士子夫人とは?

歌丸さんは椎名冨士子さんという方と結婚されていたのですが、この冨士子夫人とはどのような人な方で二人の馴れ初めなども気になるところ…。

そこで妻の冨士子夫人についてと二人の馴れ初めなどを調べてみました。

まず、冨士子夫人のことについてですが、1932年生まれで歌丸さんより4歳年上になるそうです。

冨士子夫人は滅多に表舞台に出ることがなかったのですが、そんな中で顔が拝見できる貴重な一枚を発見してました。

お二人のツーショットがこちらになります。


出典;room303

見ただけでお上品な方というのが伝わってきますね。

そんな冨士子夫人と歌丸さんとの気になる馴れ初めについてですが、なんと二人は同じ横浜市真金町出身とのことで、幼い頃からの顔馴染みだったと言われています。

ということは、冨士子夫人は結婚する前の歌丸さんのことも知っているということになるので、歌丸さんのほぼ全て知っているということになるのかもしれませんね。

ちなみに歌丸さんは当時の師匠から女性を紹介されたこともあったそうです。

師匠の言うことはかなりの影響力があるものなのですが、それを断ってまで冨士子夫人と結婚されていたことを思うと、よほど冨士子夫人に好意を寄せていたのかもしれませんね。

また、お二人のお子さんについてですが、娘さんが一人いらっしゃるそうです。

さらに、娘さんは20歳の時に結婚されており、お孫さんを出産されているようで、歌丸さんが42歳の時にお孫さんを出産されたそうですから、かなり早いおじいちゃんということにもなりますねw

そんなお孫さんも現在では40歳くらいになっていると思われるのですが、落語家として活躍されている噂は上がっていないので、一般に生活している方なのではないでしょうか。

しかし、お孫さんが40歳なら家族やお子さんが生まれていてもおかしくない年齢なのですね。

そうなる歌丸さんのように落語家として活躍することを期待してしまうのですが、実際はどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットには悲しみの声が本当にたくさん集まっていましたね。

これらの反応がまさに歌丸さんがこれまで人々を喜ばせてきた証拠なのでしょう。

仕方のないことかもしれませんが、こうして人々から愛されていた方がいなくなってしまうというのはとても寂しいものですね…。

今までたくさん笑わせていただき本当にありがとうございました。

改めてご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

すみれ 新恋人はウエンツ瑛士似のマッチョ!元カレとの恋愛遍歴についても紹介!
石田純一さんの長女にもなる女優・すみれさんに新恋人が発覚しています! 気になる相手はウエンツ瑛士さんをマッチョにしたイケメン彼氏とのこ...
桂歌丸さんの若い頃のイケメン姿がやばい! 妻・冨士子夫人と馴れ初めは?
この記事をお届けした
raxa informationの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。