(岡本顕一郎殺害事件)松本英光(低能先生) 顔画像とFacebookを調査!犯行動機の「ネット上の恨みとは」これか!?

シェアする

IT関連セミナーの講師を務めていた岡本顕一郎さんが刃物で刺され死亡した事件で、出頭してきた無職・松本英光容疑者(42)が殺人容疑で逮捕されています。

この事件の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

さらに、逮捕されていた松本容疑者の顔画像についても調べてみました。

スポンサーリンク

事件概要

逮捕されたのは、福岡市東区の無職・松本英光容疑者(42)です。松本容疑者は、24日午後8時ごろ福岡市中央区の創業支援施設で、IT関連セミナーの講師を務めていた東京都の会社員・岡本顕一郎さん(41)の首など数か所をナイフで刺して殺害した疑いが持たれています。

松本容疑者は、およそ3時間後に市内の交番に出頭していて、「ネット上のやりとりで恨みがあった」などと供述しているということです。


出典;JNN今回の事件はネット上でのやりとりがきっかけで殺人事件にまで発展していたようですね…。

ネットというのは、こちらの顔などが相手にバレないということから手軽に出来ますが、返ってそれが厳しい誹謗中傷に繋がる場合もあります。

今回のそのようなケースから殺人事件にまで発展していたということなのでしょうか?

ちなみに、このような事件を起こしたとされる松本容疑者のことが気になり、実際に調べてみることにしました。

スポンサーリンク

松本英光容疑者のプロフィール

名前:松本英光

年齢:42歳

住所:福岡市東区筥松1

職業:無職

松本英光容疑者の顔画像・SNSは?

そんな松本容疑者の顔画像が気になるところですが、ネットなどに顔画像の公開はされているのでしょうか?

このことについて調べてみると、ニュースの報道では松本容疑者を乗せていた映像は映っていたのですが顔画像を確認することは出来ない状態でした。

その映像がこちらになります。


出典;JNNさらにFacebookアカウントも気になり、こちらについても調査を行ってみたのですが、同姓同名のアカウントは見つかったものの、本人と思われるアカウントの特定には至りませんでした。

ということで、今回はFacebookの検索結果を載せておきますので、気になる方は下記より検索してみてください。

⇒Facebookの検索結果はこちら。

こちらは引き続き調査を行い、わかり次第追記いたします。

スポンサーリンク

被害者・岡本顕一郎のプロフィール

名前:岡本顕一郎

年齢:41歳

住所:東京都江東区東雲2丁目

職業:、インターネットセキュリティー関連会社「スプラウト」の社員

被害者の岡本さんですが、以前はセキュリティー情報誌の「ハッカージャパン」の編集者を担当していたそうですが、2013年11月に雑誌が休刊したことをきっかけに「スプラウト」でブログメディアの編集長を務めていたそうです。

そんな岡本さんですが、雑誌時代に築いた人脈をフルに活用し、国内外で起こった最新のサイバー攻撃などの情報を発信したそうで、他のメディアでは報道されないことを手がけていたことで話題になっていそうです。

そんな岡本さんを知る人からこのような声も・・・

「いつも丁寧に仕事をする人で、みなに信頼されている人だった。正義感も強く、何事にも毅然(きぜん)と対応する強気な一面もあった。ブログの記述などで恨みでも買ったのだろうか。そんな性格が今回の事件につながったとすれば、本当に言葉もない」
出典;朝日新聞このコメントからもとても頼りにされていた方だったというのがわかりますね。

犯行動機は?

今回の犯行動機についてですが、交番に出頭していた松本容疑者ですが


「ネット上のやりとりで恨みがあった」
出典;JNNと話していることから、これが犯行動機で間違いはないでしょう。

しかし、刃渡り16、5センチのナイフで首や胸などを数回にわたって殺害していたことを思うと、かなりの恨みだったことがわかりますね。

ここまでの激しい恨みについては現時点ではわかっていたのですが、ネットではこのような書き込みもあります。

これが今回の事件の動機だったのなら、ネット上では以前からお互いの誹謗中傷が続いていたということなのでしょうか。

出頭直前の松本容疑者の書き込み

事件直前の松本容疑者ですが、 ネット上にこのような書き込みをしていました。


事件が起こってから3時間が経過したところで、福岡市内の交番に出頭していた松本容疑者。

このようなことを考えると、ネットで恨みの復習出来たことに満足して出頭をしていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ネットの反応

低能先生こと松本英光容疑者は、その異名まんまのド低能いやキチガイだったわけだけど、やまもといちろう公式ブログの記事にもあったように有名人になることのリスクは実はかなり大きい。キチガイや犯罪者は真っ先に有名人に目を付ける。有名税ってのはとんでもなく高くつくことがままあるのだ。

Hagexと低能先生の対決はネットからリアルへ。
無職でニートの低能先生こと松本英光容疑者は、障害があったんだろうな。
ネットでは圧勝の岡本けいいちろう。リアルを甘くみていたか?https://t.co/5vv5YN4POT

ただの荒らしだった人なの?これがマジなら「やっぱ普通の神経じゃないから荒らしなんかできるんだな」って感想。

松本英光は無職だけど低能先生?岡本顕一郎さん(hagex)とのネット上での激攻防! https://t.co/q7CneCj61w

いやーこの事件怖すぎるな。ネット上には人生の貴重な時間を、他人を批判したり足を引っ張ることに費やす人がいるだけでなく、殺人まで起こりえるということの証明になってしまった。Hagexさんのブログちょこちょこ読んでたのでとても残念。心からお悔やみ申し上げます。https://t.co/FJUsTj0f6q

今回の事件に対し、ネットではさまざまな反応が上がっていましたね。

ネットなどの進化により、最近ではさまざな情報を知ることや逆に発信することが出来ますね。

その手軽さから情報を発信したことに対しての誹謗中傷の数も年々多くなっているような気もします。

情報を発信することが安易になったことはとてもいいことではありますが、それによって今回のような事件が今後多発することも予想されるだに、これを対処する方法を考えていくことは急務なことではないでしょうか。

このような事件が今後起こらないことを願いたいですね…。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

木内晋一 顔画像とFacebookは?電車内で女性の胸を2度にわたって触った疑いで逮捕!
電車の中で面識のない女性の胸を触ったとして、ブライダル会社社員・木内晋一容疑者(34)が逮捕されています。 今回は逮捕された木内容疑者...
(岡本顕一郎殺害事件)松本英光(低能先生) 顔画像とFacebookを調査!犯行動機の「ネット上の恨みとは」これか!?
この記事をお届けした
raxa informationの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。