【元猿岩石】森脇和成がYouTuberになっていた!転職回数はなんと13回www

シェアする

有吉弘行と一緒に猿岩石として活躍していた「森脇和成」

芸能界引退後は13回の転職を繰り返し、

今度は森脇和成、YouTube始めました』

スポンサーリンク

森脇和成、YouTuberになる!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=sGx638jcCxI

元猿岩石の「森脇和成」が第一弾の動画をYouTubeに投稿した。

 動画では「こんにちは、森脇です!」と挨拶した上で、

「お久しぶりな感じなんですけれども、今回、YouTubeの方でチャンネルを開設いたしまして。何て言うんですかこういうの、YouTuberって言うんですか、それになってみようかなと思いまして」

と宣言。

YouTuberになろうと思ったきっかけについて森脇和成は、

「この間、街歩いてたら有名なYouTuberに声かけられて、話をしてみたらスゴい儲けてるみたいで。ホント引くくらい儲けてて、それで興味が湧いて……。まあ今ボクちょっと役者もやってまして、その一環と言いますか、ちょっとこれからやって行こうかと」

と説明した上で、

YouTubeは若い人がいっぱい見てるみたいだから」

として、芸能界で活躍した自身の過去を紹介していた。

この通り、今回の動画で森脇和成は挨拶と自己紹介をしただけで、今後の方針などは全く決まっていない様子。

今回の動画の終わりでは、

「これから、見よう見まねで、どんなYouTuberが人気なのか調べつつ、どんなことがウケるのか、実験的にやってみようかなと思ってます」

と話している。

森脇和成のプロフィール

名前:森脇和成(もりわき かずなり)
生年月日:197481日(201510月現在 41歳)
身長:168cm
血液型:A型
出身地:広島県安芸郡熊野町
趣味:料理、映画鑑賞
活動期間:19944月~20043月(猿岩石時代)2015年~現在

「森脇和成」と聞いてパッと頭に浮かばない人もいるのではないだろうか。

彼は今や芸能界でもかの有名なビッグ3「タモリ・さんま・たけし」と並ぶくらいの立ち位置との話もある「有吉弘行」と一緒にお笑い芸人をしていた。

有吉弘行と森脇和成は同級生だったことから地元広島で19歳の時に「猿岩石」を結成。

その後地元広島を上京し、芸能生活をスタートさせる。

彼らが一躍有名になったきかっけは、当時人気番組だった「進め!電波少年」という番組のヒッチハイクの旅だった。

この企画は言葉も通じない外国で誰の力も借りることなくゴールを目指すという企画で、彼らのリアルな苦悩などが話題になり人気を集めていた。

これをきっかけに猿岩石の名前は全国に広がり、帰国した後は「白い雲のように」をリリース。

その年の「日本レコード大賞」で新人賞を受賞するまでの一躍ブレイクを果たした。

しかし、その人気は長くは続かず2004年に猿岩石は解散し、森脇和成は芸能界を引退したのだ。

スポンサーリンク

芸能界復帰先は「辺見プロモーション」

一時は芸能界から姿を消した森脇和成だったが、20157月に出演した「しくじり先生」という番組で再注目を浴びると、これによって芸能界復帰を果たしました。

しかし彼はこれまで芸能界はおろか、根気のなさ故に13回も転職を繰り返していたので、彼を拾ってくれる事務所を見つけること自体難しいと思われた。

しかし運よく辺見マリの長男が代表を務める「辺見プロモーション」に所属するようになったのです。

このことに有吉弘行と仲がいい土田晃之が苦言を呈していた。

土田晃之「芸能界は甘くないんだよ!」

猿岩石解散後、辛い思いをして今の地位まで上り詰めた有吉弘行と違い、今まで幾度となく転職を繰り返してきた森脇和成には、世間の評価も厳しく「有吉弘行の人気に便乗しているのではないか」と噂まで上がっているようだ。

有吉弘行の周辺芸人も森脇和成にあまり関わろうとせず、土田晃之でさえも

「仕事もちょっとやっちゃあ辞めの繰り返しで、芸能界はそんなに甘くないんだよ!同じことの繰り返し!」

と、森脇和成の復帰には苦言を呈しているようだ。

元相方・有吉弘行との差

芸能界でもかなりの地位まで上り詰めた有吉弘行だが、年収は5とも言われているほどの売れっ子になっている。

芸能界を一度干されて今の地位まで這い上がるのは相当な苦労があったと思うのだが、森脇和成は、

「自分がいたらここまで売れてなかっただろう」

「毒を吐くのは身を削っていると思う。一人の方がフットワークが軽いはず」

とコメントしており、現在の有吉弘行の動向は一般人として見ているだ。

この発言からまた安易な考えで復帰したのではないかと思ってしまうのだが、そのような考えなら何をやってもこれまで通り長続きがしないと思うのだが・・・。

まとめ

現在、有吉弘行は森脇和成との共演NGを貫いているようだ。

元相方として、ちゃんと前を向いて歩いてほしいと、激を飛ばす意味でも、共演NGを貫いているのかもしれない。

この二人の共演はまだまだ先の話になりそうだ。

いつの日か、有吉弘行と森脇和成が、元『猿岩石』として再びメディアの前に登場できることを楽しみに待っていようと思う。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。