早大学教授をはね逮捕された高原充宏の顔画像は?なぜ西原教授は走行車線にいたのか?

シェアする

早稲田大学・西原博史教授が高速道路でトラックにはねられ死亡するというか事故が発生しています。

西原教授は車外に出て走行車線上ではねられていたのですが、一体なぜこのような行動をとったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件概要

出典:JNN

高速道路上でトラックにはねられて死亡するという事故が起こっています。

トラックにはねられてた男性は早稲田大学社会科学総合学術院教授の西原博史さん(59)だったのですが、なんと車の外の走行車線上ではねられていたとのこと…。

詳しい事故の詳細が・・・

22日午前0時10分ごろ、東京都三鷹市新川4丁目の中央道上り線で、早稲田大学社会科学総合学術院教授の西原博史さん(59)=中野区鷺宮6丁目=がトラックにはねられた。西原さんは全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。西原さんは単独事故を起こした後、車外に出て走行車線上ではねられたという。

警視庁はトラックを運転していた運送会社員の高原充宏容疑者(50)=八王子市滝山町1丁目=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて調べている。「停止している車に気を取られた」と述べているという。

高速隊によると、現場は片側2車線。西原さんは約10分前、乗用車で中央分離帯に衝突する単独事故を起こし、追い越し車線に停止。事故を通報した後続車の男性とともに中央分離帯に避難していたが、何らかの理由で走行車線まで出たという。

出典:朝日新聞

事故が起こった時間が深夜0時頃の真夜中ということから、ほぼトラックのヘッドライトの明かりを頼りに運転するしかない状態だったと思われます。

出典:JNN

事故を起こしたトラックの運転手は

出典:JNN

と答えているのですが、事故が起こっていたことには気づいていまいた。

しかし、高速道路の走行車線にいる西原教授の存在までは気づいていなかったのですが、まさか人が歩いているとは思わないですよね。

最低でも時速が80キロは出ていますので、そんな状況の中今回ひかれてしまった西原さんに気づいて避ける方が奇跡のように感じます。

高原充宏容疑者の顔画像は?

今回事故を起こしていた高原充宏容疑者ですが、顔画像などは公開されているのでしょうか?

これについて調べてみたのですが、現時点でネット上では顔画像などは明らかになっていませんでした。

現在わかっている情報がこちらになります。

名前:高原光宏(たかはらみつひろ)

年齢:50歳

職業:運送会社社員

在住:東京都八王子市滝山町一丁目

報道されている高原容疑者は八王子市滝山町1丁目に住んでいるのですが、自宅から近い会社に勤めていたとすれば、こちらの2社の運送会社だった可能性があります。

・西武運輸株式会社八王子支店配送センター

・荻野配送(株) 滝山営業所

さらに、フェイスブックのアカウントなら特定できるかと思い、そちらの方も検索してみたのですが、こちらの方も本人と特定できるアカウントを見つけることはできませんでした。

気になる方は、下記より見てみてください。

Facebookアカウントの検索結果はこちら

亡くなった早大・西原博史教授とは?

出典:mainichi.jp

名前:西原博史(にしはらひろし)

年齢:59歳

職業:大学教授

所属:早稲田大学 社会科部長

在住:中野区鷲宮6丁目

今回亡くなった西原教授は、これまでに社会科学部の専任講師や助教授、教授職などを経て、2014年に学部長に早稲田大学の学部長に就任されています。

ちなみに西原教授のお父さんもかつては早稲田大学の学長を勤めており、親子揃って「早稲田」の伝統を受け継いでいました。

西原教授は自分の研究分野はもちろんのこと、自分自身の専門分野以外も幅広く学ぶ必要があると訴えていたそうです。

大学の教授のイメージはというと、自分の研究分野に固執するイメージがあるのですが、西原教授は柔軟な考えを持たれていたようですね。

そんな教授だけあって、かつての教え子たちは西原教授についてこのように話しています。

教え子のコメントからとてもいい教授だったことがわかりますね!

「早稲田の宝」と言える人が亡くなってしまったのですから、今回の西原教授の訃報は早稲田大学からしたらかなりショックなことでしょう…。

これからは西原教授の思いを受け継いでくれる人が出てくることを期待したいですね。

スポンサーリンク

事故が起こった場所

今回事件が起こった場所は、東京都三鷹市新川4丁目の中央道上り線で起こっています。

画像を見てみると分かるように緩やかにカーブをしている場所ではあるのですが、事故をしそうな場所ではないですよね。

しかし、トラックにひかれる前の約10分ほど前、西原教授は自家用車で中央分離帯に接触するという単独事故を起こしています。

出典:JNN

これについても疑問を感じてしまうのですが、事故原因として考えられるのは居眠り運転か何らかの車の故障などでしょか?

深夜の事故ということで、車の量もそれほど多くなかったはずですので、一体原因は何だったのでしょうか?

なぜ走行車線に!?謎が深まる…

しかし、この事件の一番気になるのは西原教授が『なぜ走行車線にいのたか』という点ですよね!

当初、中央分離帯にぶつかる単独事故を起こした際には、後続車の男性とともに中央分離帯に避難していたのですが、何らかの理由で再び走行車線まで出ています。

本人が亡くなってしまった以上この真相は明らかになりにくいですが、わざわざ危ない高速道路上に出ている点からすると相当なことですよね。

これはあくまで個人的な考えなのですが、考えられる理由としては・・・

・事故を起こして気が動転していた

・車の車内に大事なものを残しており、それを取りに行こうとした

などではないでしょうか?

それでないと100キロ近くで走行している道路上に出て行くことは考えにくいです。

ネットの反応

撥ねてしまったトラック運転手が気の毒だ。

出典:yahooニュース

停止している車に気を取られますよね。
特に高速道路上だと尚更。
それでもって車線に出たらいけない。
トラックの運転手が気の毒。

出典:yahooニュース

一旦避難したのに何故また走行車線に戻った?
これじゃあ仕事で走ってたトラックドライバーがかわいそうだ。

出典:yahooニュース

亡くなった方はもちろんお気の毒ですが、なんで車線に出てしまったのでしょうか。もし出なければご本人もトラック運転手さんも不幸にはならなかったのに。

出典:yahooニュース

道路交通法ではこうなるかもしれないがトラックの運転手さんは悪いのかと思う。高速運転中に人とか認識しにくい。

出典:yahooニュース

逮捕?!は酷くないですか?
今回のように名前まで晒されて逮捕される場合とそうでないケースがあるのは何故?

出典:yahooニュース

ネットの意見では、トラックの運転手に対して多くの意見が集まっていました。

高速道路で事故をしてしまった場合は速やかに道路の外側に出ることが決まっていますよね。

しかし、今だに事故を起こした後の決まりがわかっていない人が多く、二重事故に繋がるケースも多くあります。

誰でも事故をしたらパニック状態になり、冷静な判断ができなくなると思いますが、今回の事故で改めて二重事故の恐ろしさを感じることができました。

トラックにひかれてしまった西原教授がそのまま中央分離帯に残っていればひかれることはなかったですし、逆にひいてしまった高原容疑者も逮捕されることはなかったですよね。

ちょっと状況が違っていただけで今回の事故が起きていなかったと思うと残念でなりませんね…。

いずれしても亡くなった西原教授に対しては、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

関連記事

殺人未遂で逮捕されて安藤舞子容疑者の顔画像は?我が子を殺そうと思った動機とは?

殺人未遂で現行犯逮捕された鳥屋智成の顔画像は?以前から親子の仲が悪かったと思わせる内容が発覚!

早大学教授をはね逮捕された高原充宏の顔画像は?なぜ西原教授は走行車線にいたのか?
この記事をお届けした
raxa informationの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。