レアル大会史上初のCL連覇なるか!?

シェアする

チャンピオンズリーグの準決勝セカンドレグが10日に行われた。

大会史上初の連覇がかかるレアル・マドリードだが、

アトレティコとの結果は!?

スポンサーリンク

アトレティコが序盤から怒涛の反撃

出典:https://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20170511/585930.html

この日は先発はアトレティコがアントワーヌ・グリーズマン、フェルナンド・トーレス、サウール・ニゲス、ヤニック・フェレイラ・カラスコらが出場。

一方レアルはC・ロナウド、カリム・ベンゼマらがスタメンで、負傷しているのギャレス・ベイルとダニエル・カルバハルの代わりに、イスコとダニーロが入った。

ファーストレグはレアルがホームで3-0の完勝しており、アトレティコとしては最低でも3点以上を取らないと負けてしまう状況だが、その勢いからこの日の試合は序盤からアトレチコのペースで試合が進んだ。

前半12分、右CKでコケが中央にボールを送ると、それにニアのサウール・ニゲスがヘディングで合わせゴール右隅に叩き込んで先制点を奪う。

これで勢いついたアトレティコは15分にはトーレスがペナルティエリア内でラファエル・ヴァランに倒されてPKを獲得。これをグリーズマンが中央に蹴った。

相手GKのケイロル・ナバスはこれに反応するが右手を弾いて、そのままゴール右に決まった。

レアル連覇への勢い止まらず

出典:http://web.gekisaka.jp/news/detail/?215951-215951-fl

幸先良く2点を奪ったアトレティコ、そのまま逆転ムードに湧くビセンテ・カルデロンだったがやはり連覇を狙う銀河系軍団は強かった。

後が続かないアトレティコは、逆に重いアウェイゴールをレアル献上してしまう。

42分に左サイドでベンゼマがボールをキープすると、引きつけた相手3人を一気にかわし、エリア内左からマイナスの折り返し。

中央のトニ・クロースがダイレクトで右足シュートを放つと、これを相手GKヤン・オブラクがセーブしたが、こぼれ球にいち早く反応したイスコが懸命に右足で押し込み、1点を返した。

この時点で逆転するには3点が必要なアトレティコ。後半66分、カラスコがダニーロからボールを奪い、エリア内中央で右足シュート。さらにこぼれ球にケヴィン・ガメイロが頭で合わせるが、いずれもGKナバスの好セーブに阻まれ1点が遠い。

一方のレアルは69分、左CKでクロースからのボールを、エリア手前右のルカ・モドリッチが右足ダイレクトボレー。相手DFに当たったこぼれ球を中央のエースC・ロナウドが押し込んでゴールが決まったかと思ったが、これはオフサイドの判定に。

試合はこのままタイムアップ。レアルは敵地で1-2の敗戦を喫したが、2試合合計4-2で決勝進出が決定。

レアルは1992-93シーズンから始まったチャンピオンズリーグ史上初の連覇に王手をかけた。

スポンサーリンク

大会連覇を阻む相手は「ユベントス」

1992-93シーズンから始まったチャンピオンズリーグで連覇をしたチームはまだ存在しない。

その権利を持っているレアルだが、それを阻もうとする相手はユベントスに決まった。

ユベントスは今季のチャンピオンズリーグでまだ2失点しか許しておらず、かれこれ10時間以上も無失点を貫いている。

イタリアのチームに特徴的な攻め方は、堅守速攻に徹することが多いが、ユベントスはボールを支配しながらゲームをコントロールする戦い方なのだが、モナコでの第1戦ではその落ち着いた試合運びで見る者を驚嘆させる展開だった。

まとめ

まさにヨーロッパの頂点を決めるにふさわしいビッグクラブの対決ですね!

両者がチャンピオンズリーグ決勝で顔を合わせるのは19年ぶり。

レアル・マドリードとユベントスはいずれも先発メンバーと同じレベルの選手たちがベンチに並んでおり、誰が欠けてもチーム力が大きく落ちることがないチーム。

今季のヨーロッパにおける2つのベストチームは、それぞれ全く異なるスタイルを武器に、最高のファイナルになるはずです。

史上初の2連覇か!それとも21年ぶりの栄冠か!

運命の決勝は日本時間の6月4日(日)3時45分から始まります!

スポンサーリンク