【必見】正しい休息の取り方を紹介。今までに考えていた休みの取り方が変わってくる!?

シェアする

社会人になると当たり前のように仕事をし、休日は休息を取るのはみんな同じことですよね。

しかし、その休息の仕方によっては逆に疲れてしまうことも・・・。

今回は専門家が進めている休息の仕方について紹介します。

スポンサーリンク

皆さんは休みをどのように過ごしていますか?

仕事のストレスを発散するために長い休みを使って普段できないことをしたり、旅行に行かれたりすることもあると思います。

このような体験は普段の日常では感じることのできないことなのでストレス発散になりますよね!

しかし専門家はこの当たり前の衝動が、実は逆効果になることもあると伝えています。

一体何が間違っているのかと思ってしまうのですが、専門家は次のようにアドバイスしています。

行ったことがない遠く

出典:https://wondertrip.jp/middleeast/47237.html

人はストレスを感じた時こそ普段とは違った体験をしたくなるものですが、旅行に限り中途半端は避けた方がいいと言っています。

極度のストレス状態の時は、何か目先の変わったことをできるだけ減らすことが大切で、珍しい物事は生理的負荷を増やすだけになってしまう可能性があるからだそうです。

もし中途半端なところに行くなら逆に休みを取って異国の地に行き、変わった景色を眺めている方がよっぽど気分転換にも繋がると話しています。

そうでなければ、旅行をする代わりに自宅で親しい友人などに囲まれ、自分の好きな空間にいた方がずっとストレスを減らすことができると述べています。

どちらの意見に共感するかは人によって違ってくると思うのですが、重要なのは「よく知っている場所に出かける」という方法は、お勧めしないようですね。

ガラリといつもと違った環境に行くか、いつも過ごしている自宅でしっかり休息を取るかのどちらかにしたようがいいということですね。

長い休みよりも何度かの短い休みを

出典:https://at-jinji.jp/blog/7209/

長い休みがあると、「あれもしたい」「これもしたい」と一気に予定を立ててしまい、その休みに大きな期待をしてしまいがちになります。

普段は取れない長い休みでは、休養」「冒険」「人とのつながり」「創造力を養う刺激」などを求めがちですが、残念なことにこれはがっかりする結果になる可能性が高いです。

それに人は、幸せを感じてもすぐ忘れてしまうそうなので、大きな幸せよりも小さな幸せを何度か感んじていた方が総合的な幸福をもたらしてくれるようです。

ですので、祝日のある週をうまく利用して、休暇を取ることがベストは方法だと言えますね。

スポンサーリンク

事前の計画は十分に

出典:http://publicdomainq.net/map-hands-laptop-computer-0005001/

これは何をするにも大事なことですね!

物事がスムーズに行くとストレスは感じませんが、何をするにも時間がかかってしまうと極度のストレスが発生してしまいます。

飛行機の乗り継ぎの時間がタイトだったり、スケジュールを詰め込みすぎて満喫する暇がない、次に行くところを理解していなどの状態では、どんな場所に行ってもストレスしか感じなくなってしまいます。

専門家も「もっとも幸福感が高まるのは、休暇の計画を立てるという単純な作業をしているとき」とも言っているので、計画を立てる時点でその旅行が楽しいのになるのかは決まってしまうのかもしれませんね。

働かない!

出典:http://tabi-labo.com/246398/underpinning

働くのが好きな人には該当しないかもしれないですが、ほぼ全員の専門家が同じことを言っています。

働かないというのは「家庭に仕事を持ち込まない」ということです。

休みの時もできるだけ仕事のことを考えないようにすると、休息の時がより思い出深いものになるという結果も出ています。

確かに仕事のとこが頭にあるとその場を十分に楽しむことができないですよね。

休暇後のショックを最小限に

出典:http://bitomos.com/archives/4044

休暇からが終わって仕事を始めようとすると、自分のデスクの上に山積みになった書類などがあった経験があるのではないでしょうか?

そうなると休暇の余韻も一気に消えてしまい、かなりのショックを受けてしまいますよね。

そうならないように事前にショックを和らげる方法を考えておくことが大切です。

しかし、先ほど言ったように休暇の最中に考えてしますと、せっかくの楽しい時間が台無しになってしまうのでそれはお勧めできません。

専門家は休暇中のメールは見ないで捨てるなどの過激な方法も伝えていますが、さすがにそれは難しいところですよね。

こうした極端なやり方はできないかもしれませんが、帰宅して少しずつ日常に戻ることはできると思います。

それまでは少し軽めのスケジュールで慣れて行くようにしましょう。

出典:http://gahag.net/010695-woman-jumping-sunset/

いかがでしたか?

全て実践することはできないかもしれませんが、いくつかできそうなことがあれば是非試してみください。

スポンサーリンク