殺人未遂で現行犯逮捕された鳥屋智成の顔画像は?以前から親子の仲が悪かったと思わせる内容が発覚!

シェアする

出典;FNN

追記:2018年1月20日

東京・大田区で父親をナイフで刺し死亡させたとして、慶應大生が現行犯逮捕される事件が起こっています。

残念ながら刺された父親はまもなく死亡しています…。

亡くなった父親も慶応大学出身で弟も慶應義塾高校に通っている超エリート一家。

一体この一家に何が起こったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要

出典:FNN

あの有名な慶應義塾大学に通う20歳の学生が自分の父親をナイフで刺すという衝撃な事件が起こっています。

あの超エリート大学の学生が殺人事件を起こしてしまうとは想像がつかないことですよね。

一体どのような事件だったのでしょうか?

詳しい事件の詳細については・・・

父親をナイフで刺して殺害しようとしたとして、警視庁は、東京都大田区南雪谷5丁目、私立大生鳥屋智成容疑者(20)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、19日発表した。「私がやりました」と容疑を認めているという。父親は間もなく死亡し、警視庁は容疑を殺人に切り替えて調べる。

田園調布署によると、鳥屋容疑者は18日午後10時10分ごろ、自宅マンションに帰宅した父親で会社役員の多可三(たかみ)さん(58)と弟がリビングで口論になったのを止めに入った際、多可三さんに「やめないなら刺すぞ」と言って、家にあった果物ナイフ(刃渡り約10センチ)で腹を1回刺し、殺害しようとした疑いがある。別室にいた50代の母親が119番通報したが、多可三さんは約1時間20分後に死亡が確認された。

智成容疑者の弟に対し父親の多可三さんが説教をしたことがきっかけで口論になったと言われています。

どのような説教をしていたのかは明らかになっていませんが、現在高校生の弟は反抗期真っ只中だと思われます。

そんな二人の口論を止めるためのものだったかもしれませんが、結局父親の多可三さんは亡くなってしまっており、悔いの残る結果になってしまいましたね…。

鳥屋智成の顔画像&SNSアカウントは?

今回殺人未遂の容疑で逮捕された鳥屋智成容疑者ですが、顔画像などは公開されているのでしょうか?

これについて調べてみたのですが、現段階ではネットなどの顔画像は公開されていませんでした。

試しにフェイスブックのアカウントも調べてみると、本人とみられる人物を発見することができました。

しかし、現段階ではネットなどで顔画像が公開されていませんし、フェイスブックのアカウントも本人と断定できるものではないので、ここでの画像の掲載は控えさせてもらいます。

気になる方は、下記より見てみてください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

追記:智成容疑者の顔画像が判明!

新たに智成容疑者の顔画像が公開されていました。

出典:TOKYO MX NEWS

動物を抱えているところからも優しそうなイメージが湧いてきますし、かなりのイケメンというのが見てわかります。

さらに家族一緒で写っている写真も公開されていました。

出典:TOKYO MX NEWS

この写真は智成容疑者が中学生の頃くらいでしょうか?

家族3人で写っているので、この時の感じは仲が悪いようには全く感じないですね。

しかし、これから数年が経ち智成容疑者も大人になったことで口論が増えるようになったのでしょうか?

それにしてもこの時の姿からは父親を刺す感じは全く想像もつかないですね。

スポンサーリンク

事件のきっかけは?

今回事件が起こっていたのは大田区南雪谷の自宅マンションの居間で起こっています。

出典:JNN

さすがに慶応大卒で会社の社長をしているだけあって、外見からもとてもいいマンションと言うのがわかりますね。

事件のきっかけは智成容疑者の弟と父親の多可三さんの口論から始まっていましたね。

その口論を止めようとして智成容疑者が間に入っていたのですが、その際父親に「やめないなら刺すぞ」と言っていました。

しかし、父親に対していきなり普通はこんな言葉は言えないですよね。

父親の多可三さんは酒に酔って帰宅し弟を説教していたそうですが、それだけのことで智成容疑者が「刺すぞ」というほど怒るでしょうか?

どう考えてもここまで怒ることは考えにくいので、以前から何が原因があったのかもしれませんね。

追記:衣服の貸し借りがきっかけで口論に!

今回の事件の発端になった口論のきっかけが明らかになりました!

父親の多可三さんと智成容疑者の弟が口論したきっかけというのは、なんと衣服の貸し借りがきっかけで口論になっていたそうです。

この口論を止めに入ろうとしていたのですが、智成容疑者はその時の感情をこのように答えています。

「感情的になって刺した」「弟への説教が言い過ぎだと思った」

喧嘩をすると誰でも感情になることはありますが、ナイフで刺し殺そうとすることは正直考えにくいですよね…。

親子関係は以前から不仲だった可能性も…

さらに調べていると父親の多可三さんのフェイスブックにこんな意味深な言葉が書かれているのを見つけました。

書かれていた内容というのが・・・

もはや力では抑えきれず、議論するしかない日々です^_^;

多感な年頃で、自分を思い出しつつ、奮闘中です^^

と書かれて投稿があり、この投稿は2年前のものになります。

この投稿からすると父親と息子の間で、日頃からよく口論やトラブルが多発していたのかもしれませんね。

事件があった時は、父親の多可三さんが弟に対してどのような言葉をかけていたのかはわかりませんが、智成容疑は日頃から父親の言うことに腹を立てていたではないでしょうか。

その不満がこの時に爆発してしまい、その勢いのまま父親を刺したのかもしれません。

血の繋がっている家族なのに話し合いで解決することができず、最悪な展開を迎えてしまったことを思うと、他に方法はなかったのかと考えてしまいますよね…。

ネットの反応

刺した原因は何なんだろう?

出典:yahooニュース

慶應にまで入れて逆に刺し殺されることになるとは思ってもいなかっただろう。気の毒だ。

出典:yahooニュース

想像でしかないけど、反抗期に反抗出来ずにきて、弟が自分と重なって見えて、理性を失うほど一気に爆発してやってしまったのかなあ?

出典:yahooニュース

親父と弟の喧嘩仲裁で刺したらしいけど
衝動的というよりも
元々歪んだ親子関係があったんだろうな
高学歴な親による子どもへの高いハードルの強要の積み重ねのストレスが一気に爆発とか……

出典:yahooニュース

殺しちゃダメ!! 慶應一家で才能にも経済的にも恵まれていても
人生を楽しむゆとりある心に恵まれていなかったんだろうか‥

出典:yahooニュース

ネットの反応では、刺した智成容疑者の動機などについてのコメントが集まっていましたね。

父親が子供に対して「言い聞かす」ことがありますが、それを素直に聞き入れるかは子供次第。

もし仮に親子関係がうまく言っていなければ、いくら父親が言い聞かしても子どもは反発してします。

ましてや智成容疑者もその弟も自分で考えれるほどの年齢なので、父親が言っていたことに対して日頃から不満を持っていたのかもしてません。

そのようなことが繰り返し起こり、挙げ句の果てには酒に酔って帰ってきた父親が弟に対して説教を始めたとなると我慢も限界に達し、父親を刺してしまったのかもしれません。

しかし、どんな理由があっても父親を刺してしまうのは絶対にしてはいけないですよね。

刺してしまうくらいならお互いが満足するまでとことん議論をするべきだったとように思います。

どこまで行っても父親であることは変わりないので、今回多可三さんが亡くなってしまったのはとても残念ですし、父親を殺したことを一生思って生きていく智成容疑者も残念ですね…。

智成容疑者には父親を殺してしまったと言うことをしっかり頭に置いて、罪を償ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

虐待で逮捕された栗原匠の顔画像は?我が子を骨折させた男は日常的に虐待をしていた!?

痴漢で逮捕された磯川剛史の顔画像は?犯行を否定しているが痴漢は意図的だった可能性も・・・。

通り魔事件を犯した高橋豪の顔画像は?動機は口論が原因だったとも・・・

殺人未遂で現行犯逮捕された鳥屋智成の顔画像は?以前から親子の仲が悪かったと思わせる内容が発覚!
この記事をお届けした
raxa informationの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。