花輪ばやし2019の日程やゲストは誰?桟敷席や駐車場についても紹介!

花輪ばやし2019の日程やゲストは誰?桟敷席や駐車場についても紹介!

秋田県鹿角市で毎年8月に開催されている祭りが『花輪ばやし』になります。

この花輪ばやしは日本三大囃子の1つに数えらる他に、豪華絢爛な屋台が競演する姿を一目見ようと日本各地から20万人もの観光客が訪れる祭りになっています。

例年、秋田にゆかりのある有名人ゲストが招かれることにもなっているこの祭り。

今回はそんな花輪ばやしの2019年の日程ゲスト、
桟敷席
などについて紹介します。

花輪ばやしとは?


出典; hanawabayashi.jp

花輪ばやしとは秋田県鹿角市にある幸稲荷(さきわいいなり)神社の例祭ばやしになり、毎年8月の19日、20日に行われている祭りになります。

1960年から行われているこの伝統的な花輪ばやしは日本三大囃子の一つにも数えられており、1978年に、秋田県無形民俗文化財に指定されました。

さらに2014年には、国の重要無形文化財にも指定されています。

豪華爛漫な屋台が競演する姿を一目見ようと日本各地から例年20万人もの観光客が訪れる祭りになります。

そのようなこともあり、祭りが開催されている期間は静かな鹿角の街が観衆の熱気に包まれるお祭りになっています。

花輪ばやし2019の日程について

ちいさな湯治宿 銭川温泉さん(@zenikawaonsen)がシェアした投稿

気になる2019年の花輪ばやしの開催日程ですが、例年と同じように8月19日、20日に開催されることが決定しています。

時間や場所などの詳しい詳細はこちらになります。

日程 2019年8月19日(月)、20日(火)
開催時間 19日/17:30~23:00
20日/終日
開催場所 鹿角市「鹿角花輪駅」前、花輪市街地
地図
問い合わせ 花輪ばやし祭典委員会(鹿角市MITプラザ内)
0186-30-0500

花輪ばやし2019のゲストは誰?

鹿角市で行われている花輪ばやしには毎年秋田にゆかりがある有名人ゲストが招かれるようになっています。

昨年は秋田県内で撮影された映画「デイアンドナイト」主演の阿部進之介さんがゲストとして登場。

さらに一昨年の2017年には壇蜜さんがゲストで登場され、大きな話題になっていました。

その他にも女優の加藤夏希さんやオリンピックで大活躍を見せたスピードスケートの高木美保さんもゲストで出演していました。

美人のゲストが多いことから2019年のゲストが誰なのかが気になるところですが、現時点ではゲストの情報は公開されていません。

こちらについては情報が公開され次第、お知らせいたします。

誰がゲストして招かれるか本当に楽しみになってきますね。

花輪ばやし2019の見どころは?

Rod Bambooさん(@rodbamboo)がシェアした投稿

豪華絢爛10台の屋台

花輪ばやしの見どころはなんといっても「屋台」で間違いありません!

見どころにもなっている「屋台」とは、一般的な祭りでよく目にする山車と呼ばれるものと基本的には同じものになりなります。

しかし、他の祭りの山車と違うところは屋台全体が金箔や総漆塗りの大変豪華なものになっていることです!


出典; 湯瀬ホテル

画像で見てみるとかなり豪華なものというのがわかりますね。

これほどまでに豪華な10台の屋台が(船場元町・舟場町・新田町・六日町・谷地町・大町・旭町・新町・横丁・組丁)、中太鼓、打太鼓、横笛、三味線、摺鉦が鳴らされるお囃子とともに各地を練り歩きます。

屋台の練り歩きの際に欠かせないのがお囃子。

ちなみに花輪ばやしのお囃子は「日本一の祭り囃子」とも賞賛されています。

日本一のお囃子の音色と合わせて町内を練り歩く様は本当に圧巻な姿になります。

朝詰め

花輪ばやしでは8月20日未明に行われる『朝詰め』も見どころの一つになります。

この朝詰めは屋台を持った若者たちが町内を練り歩き、途中の他町内を通過する際には町内の代表による「町境の挨拶」が行われます。

この時は稲村橋に全ての屋台が舟場元町を先頭に舟場町、新田町、六日町、谷地田町、大町、旭町、新町、横丁、組丁の順に並び集結します。

この時に屋台同士の押し合い「けんか屋台」と呼ばれる恒例行事を見物できる点も見どころの一つになります。

全てを見るのはかなりの体力が必要なのでなかなか難しいかもしれませんが、見る価値は十分にあると言えるでしょう。

花輪ばやし2019の桟敷席について

日本一とも呼ばれている花輪ばやしのお囃子と豪華絢爛10台の屋台のコラボとなると、間近でゆっくりと見物したいものですよね。

そんな方のために花輪ばやしでは毎年桟敷席が販売されています。

今の時点では2019年の桟敷席についてはまだ情報が上がっていません。

ちなみに昨年の2018年は以下のようになっていました。

申し込み期間は平成30年7月2日(月)~7月25日(水)までとなっており、料金は2000円(1名)になります。

申込方法は申込書をダウンロードしいつ用事項を記入した後、郵送がFAXで購入という流れになり、電話とメールでの申し込みはできないようになっています。

桟敷席の購入を考えられている方は下記の公式ページから申込書がダウンロードできるようになっていますのでご利用ください。

「十和田八幡平観光物産協会」

お申込みの際に困ったことがありましたらこちらお問い合わせをすることもできます。

お問い合わせ先 かづの観光物産公社内十和田八幡平観光物産協会
電話 0186-22-0555
FAX 0186-22-0222

※問合せ・申込番号が変更になりましたので、ご注意ください。

新しい情報が公開され次第お伝えいたしますので、もう少々お待ちください。

花輪ばやし2019のアクセス

改めて花輪ばやしが行われている場所を地図で表すとこちらになります。

 

■飛行機での(大館能代空港)アクセス

経路 時間
大館行きリムジンバス
「秋北バスターミナル
    ⇩
盛岡行き高速バス みちのく号
    ⇩
「鹿角花輪駅前」
2時間
大館行きリムジンバス
    ⇩
「JR大館駅」
    ⇩
JR花輪線
「鹿角花輪駅」
2時間20分

 

■車でのアクセス

車で会場に向かわれる方は東北自動車「鹿角八幡平IC」出口から約5分の場所になります。

経路 距離 時間
十和田湖~鹿角花輪 国道103号線 35km 1時間
盛岡~鹿角八幡平IC 東北自動車道 78.6km 1時間
青森~鹿角八幡平IC 東北自動車道 88.8km 1時間10分

会場となっている鹿角花輪駅付近には何件か駐車場が存在しているのですが、お祭り期間中は毎年かなり混雑するようです。

駐車場は少し離れた場所になるのですが、シャトルバスが通っていますので無理に鹿角花輪駅付近に止めようとせずシャトルバスを利用されるのが一番かと思います。

駐車場の情報についてはもう少し下の方に載せていますのでそちらをご覧ください。

臨時列車が運行

■電車でのアクセス

電車でのアクセスについてですが、花輪ばやし開催に伴ってJR東日本が秋田駅~鹿角花輪駅間で臨時列車を運行してくれるようになります。

クリックすると、大きくなります!

出典;tetsudo.com

臨時列車以外で近隣から来られる際はこのようになります。

経路 時間
盛岡~鹿角花輪 1時間40分
大館~鹿角花輪 50分

電車で来られる方は出てすぐの場所が会場になっていますし、駅周辺がお祭りの雰囲気になっていますのでで迷われることはないと思います。

花輪ばやし2019の駐車場について

花輪ばやしの主な駐車場は以下の3ヶ所になります。

道の駅あんとらあ

住所 秋田県鹿角市花輪新田町11−4
地図

鹿角地域振興局 ※17時以降使用可

住所 秋田県鹿角市花輪六月田1
地図

鹿角市役所

住所 秋田県鹿角市花輪荒田4−1
地図

会場から少し離れた場所にはなるのですが20分おきに100円で乗れるシャトルバスが走っていますので、こちらを利用して会場に向かわれるといいと思います。

花輪ばやし2019の交通規制は?

花輪ばやしが行われている期間中は毎年大規模な交通規制が行われます。

クリックすると、大きくなります!

出典;花輪ばやし公式HP

交通規制が始まってしまうとかなりの混雑が予想されますので、車で行かれる方は付近を通行しないのが一番かと思われます。

※注意!

こちらは2018年の情報を元に作成しております。

2019年については情報が公開され次第更新いたしますので、予めご了承ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は秋田県鹿角市で行われている花輪ばやしについて紹介させていただきました。

日本一のお囃子に合わせて豪華絢爛な屋台町内を練り歩く姿は見てみる価値は必ずあると思います。

気になっている方はぜひ足を運ばれてみてくださいね。

イベントカテゴリの最新記事