【2019年】六義園の桜!ライトアップや見ごろ時期は?混雑を避ける方法についても紹介!

都内の桜の名所にも選ばれている六義園は見事な桜を見ることができます。

中でもライトアップされたしだれ桜は人気で、例年20万人もの来場者が訪れる人気のスポットですが、それによってかなりの混雑も・・・。

今回は2019年六義園の桜のライトアップ見ごろ混雑を避ける方法について紹介します。

六義園の桜の特徴は?


出典;https://chikatoku.enjoytokyo.jp

東京都文京区の六義園には、全国の花見名所で上位にランクインしている美しい桜を見ることができます。

その目玉になるのが、巨大なしだれ桜です!


出典;https://twitter.com

六義園のシンボル的な存在になっているこのしだれ桜は、高さ約15m、幅約20mもの大きさにもなります。

薄紅色の花が流れ落ちる滝のような佇まいから、多くの桜ファンに愛されている存在にもなっています。

期間限定のライトアップも行われることから、昼間と違った姿もまた格別なものに。

駅からのアクセスも便利なこともあり、東京都内を代表する人気の桜スポットで例年20万人もの来場者が訪れる人気の桜スポットとなっています。

六義園の桜の見ごろはいつ?

気になる桜の見ごろですが、例年の傾向ですと

3月中旬〜4月中旬

が見ごろとなっています。

それでも2019年は暖かい日が続いていますので、もしかすると例年より早めに見ごろを向かえるかもしれませんね。

開園時間や入場料金などは以下の通りです。

開園時間 9:00〜17:00
※ライトアップ期間中は21:00まで
入場料金 大人300円、65歳以上150円、小学生以下は無料
鑑賞できる桜の種類 しだれ桜・ソメイヨシノなど約50本

開花状況はライブカメラで確認

桜の開花期間中は開花の様子をライブカメラで確認することができます。

以下のリンクでは六義園のシンボルの巨大なしだれ桜と心泉亭の様子を確認することができますので、行かれる際の参考にされてみてくださいね。

開花状況の確認はこちら。
http://teien.tokyo-park.or.jp/

六義園の桜のライトアップ 2選!


出典;https://plat.navitime.co.jp

六義園に咲いている桜の一番の目玉は何と言ってもしだれ桜です!

その中でも特に見逃せない2つのしだれ桜を紹介します!

その① 六義園 最大のしだれ桜!

まず紹介するのが六義園に咲いている50本の桜の中で最も大きなものになります。

その大きさは、高さ約15m、幅約20mになり、その桜の樹齢は約70年と言われています。

まるで桜の花びらで出来た滝が想像できるような美しい姿を見ることができ、日没になると夜空にライトアップされた昼間と違った幻想的な姿を楽しむこともできます。

こちらは、正門から入ってすぐのところにある内庭大門広場の近くで見ることができます。

その② 第二のしだれ桜「鶴姫のしだれ桜」


出典;https://twitter.com

もう一つ必見なのが六義園で第二のしだれ桜と呼ばれている「鶴姫のしだれ桜」です!

こちらは高さが13mの圧巻な大きさになります。

ライトアップは赤色や青色の光でライティングされ、艶やかな雰囲気に変貌する姿を見ることもできます。

鶴姫のしだれ桜は、「吟花亭跡」で見ることができますので、こちらもお見逃しなく!

六義園の桜 アクセス方法

ここでは六義園のアクセス方法について紹介します。

まず会場となっている六義園の場所などの詳細をご確認ください。

住所 〒113-0021 東京都文京区本駒込6丁目16-3
会場 六義園
地図
問い合わせ 03-3941-2222

電車でのアクセス

電車で行かれる際の最寄り駅は、JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」と都営地下鉄三田線「千石駅」の二駅となります。

JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」から 徒歩7分

都営地下鉄三田線「千石駅」から 徒歩11分

六義園に行く際の駐車場について

六義園に行かれる際の駐車場についてですが、臨時駐車場などは用意されていないので付近の有料駐車場を利用することになります。

周辺にはたくさんの駐車場がありますので駐車場に困ることはないと思われます。

以下の3ヶ所の駐車場は比較的料金が安い駐車場になりますので、ぜひ参考にされてみてください。

タイムズ文京グリーンコート

住所 〒113-0021 東京都文京区本駒込2丁目28-10
地図
料金 【平日】 0:00~24:00 15分100円
06:45~00:00 最大料金1200円
00:00~06:45 最大料金400円

 【土日祝日】 0:00~24:00 15分100円
00:00~06:45 最大料金400円

収容台数 114台
六義園までの距離 徒歩約6分
営業時間 24時間営業

タイムズ本駒込第15

住所 〒113-0021 東京都文京区本駒込6丁目13
地図
料金 8:00~22:00 30分 300円  最大料金 1200円
22:00~8:00 60分 100円  最大料金 400円
収容台数 12台
六義園までの距離 徒歩約8分
営業時間 24時間営業

タイムズ本駒込第24

住所 〒113-0021 東京都文京区本駒込6-5
地図
料金 00:00-24:00 30分 300円

08:00-20:00 最大料金1000円
20:00-08:00 最大料金300円

収容台数 21台
六義園までの距離 徒歩約6分
営業時間 24時間営業

六義園の桜 混雑状況は?


出典;http://canonpws110.seesaa.net

最後に六義園の混雑状況についてお伝えします。

例年、桜の開花時期で混雑が発生するのは開花の時期にもよりますが、2019年で予想される日にちは以下の通りです。

昼間の混雑
土・日・祝日の晴れた日

3/23(土)・24(日) 3/30(土)・31(日) 4/6(土)/7(日)

 

夜間の混雑

3/29(金)・30(土)・31(日)

例年3月末から4月始めが見ごろになっていますので、こちらの3日間が特に混雑することが予想されます。

混雑する時間は18:00〜19:00の間が一番のピークになります。

お目当のシダレサクラがライトアップされる時期が一番混雑が発生し、平日よりも土日、昼間よりも土日に混雑が発生するようになります。

ライトアップされる時期は、混雑を避けるための入場規制があり平日は20分程度、土日祝は1時間程度の待ち時間が発生します。

ということで、もし可能であれば平日に行かれることをオススメします。

 

さらにライトアップ期間中は染井門が解放されるのですが、駒込駅近くということで混雑が発生します。

SNSのコメントにもあるように最悪の場合入場できない可能性も・・・。

そうならない為にも、少し遠回りになりますが正門から入場されることをオススメします。


出典;https://www.tabi.photo

駒込駅から正門までのルートを貼り付けておきますので、ぜひ参考にされてみてくださいね。

混雑を避ける裏技がこちら!

六義園の桜の混雑についてお伝えしてきたのですが、なんとその混雑を避ける裏技があります!

その方法が「東洋文庫&六義園コンビチケット」を購入する方法です!


出典;http://www.toyo-bunko.or.jp

こちらは六義園と東洋文庫ミュージアムの共通チケットで、購入すると並ばず行列をスルーして入場することができるんです。

さらに通常ですと東洋文庫900円+六義園300円=1200円でのご案内のところ、2つあわせて1000円に!

東洋文庫ミュージアムで発券した六義園のチケットは当日券ではないので、その日でなくてもお好きな時に庭園をお楽しみむことができます。

お得なコンビチケットになりますので、ぜひこちらは利用されてみてくださいね♪

まとめ

いかがでしたか?

今回は六義園の桜のライトアップや混雑状況などについて紹介させていただきました。

毎年かなりの混雑が発生するようになりますが、滝のように流れるしだれ桜の姿は本当に見事なものになります。

気になった方はぜひ足を運ばれてみてくださいね♪